© 2016 FARM TABLE Co., Ltd.

タスマニアチェリー

​オーストラリア大陸の南にあるタスマニア島。その南部のヒューオン谷に4代続く家族経営の

​ハンセン農園から届きました。大粒で甘いチェリー。南半球からバレンタインにもぴったりの季節に届きます。

​写真はLサイズ。30ミリー32ミリ。

OUR PRODUCTS

わたしたちが自信を持っておすすめする商品と生産者の横顔をご紹介します。

世界一の甘さと大きさ

夏場は本当にどんどん大きくなります。

チェリーといえば、思い浮かぶのがアメリカンチェリー。日本でもサクランボが出回る5月頃に、お店に並びます。

 

そのチェリーと同じ品種ですが、タスマニアチェリーは〇〇に比較して、

1個の食べ応えがあります。

栽培からパッキング、さらにグローバルな販売までを一元管理して、家族経営で4代続く高品質のチェリーをお届け

一日の中でも寒暖一の差があります。また日照時間は夏では15時間もあり果樹栽培には最適な島です

​健康食品として食べられてきた島のオクラ

生産者の〇〇さん。これは植え付けをして間もない頃の6月1日の様子。

7月29日の様子。

FARM TABLE で取り扱っている丸おくらは沖縄本島の中部、名護市の我部祖河(ガブソガ)というところで作られています。

小高い山になったところに畑はあり、海からの風が吹き抜け、美味しいおくらに必要な風通しの良さも申し分ありません。

〇〇さん兄弟の手で愛情を持って育てられています。

島の太陽と風ですくすくと育っています。